愛犬に与えるご飯にどんな物が使われているのか?

そのぐらいは簡単にでも知っておきたいですよね。

 

カナガンドッグフードには犬の体を考えた原材料が使用されています。

それらについて詳しく見ていきましょう

 

カナガンドッグフードに含まれる原材料

原材料の一覧は以下の通りです。

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

少し数が多いため、特筆すべき物をいくつか抜き取って見ていきましょう。

 

チキン

カナガンの主原料とも言えるチキン類ですが、50%ほどがチキンで構成されています。

チキンはカロリーが低いことに加えて、しっかりとタンパク質やリンを確保できる優秀な食材です。

サツマイモ

消化が良く、腸に負担を掛けないことが特徴。栄養はゆっくり吸収されていくので腹持ちがよく、満腹感を得やすいので食べすぎ防止にも最適な食材。

海草

栄養価が高く、ミネラルを沢山含むのが海草です。ヨウ素が安定した健康体の維持を助けます。

グランベリー

コレステロールを下げたり、尿路感染症を防ぐ働きをしてくれます。

ホウレンソウ

ビタミンやミネラルなどを豊富に含む食材。健康なカラダ作りに役立ってくれます。

フラクトオリゴ糖

特ホに指定されているフラクトオリゴ糖ですが、野菜や果物に含まれる自然な糖なので、白砂糖のような危険性はありません。

カモミール

ハーブの一種で胃を正常化したり、修復する働きがあります。

ヒューマングレードのカナガンドッグフードに慣れていないうちの犬にはこれが助けてくれます。

 

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら